埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県での土地活用なら横尾材木店 クリエイト事業部にご相談下さい。

創業大正15年 横尾材木店
お電話でのお問い合わせは  0120-450-244
Menu
太陽光発電での土地活用の流れ 全量買取制度に関して
TOP > 太陽光発電での土地活用の流れ 全量買取制度に関して
施工例案内
高齢者住宅・有料老人ホームでの土地活用 高齢者住宅での土地活用法 横尾材木店のサービス付き高齢者向け住宅 レポスヒルズ 高齢者住宅での土地活用のメリット 高齢者住宅での土地活用の流れ 高齢者住宅による土地活用が望まれる背景 高齢者住宅・有料老人ホームの種類 補助金情報
太陽光発電での土地活用 太陽光発電での土地活用 分譲地紹介 太陽光発電での土地活用のメリット 太陽光発電での土地活用の流れ 全量買取制度に関して 税制優遇に関して 取扱メーカー
その他の土地活用

全量買取制度が平成24年7月からスタートしました

再生可能エネルギーの導入拡大を図るため、「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法」により、「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」が平成24年7月1日から開始されました。

この再生エネルギーの固定価格買取制度は、太陽光や風力等の再生可能エネルギーによって発電された電気を法令で定められた価格・期間で電力会社等が買い取り、買い取りに要する費用を「再生可能エネルギー発電促進賦課金」として、電気をお使いになるお客さまにご負担 していただく制度です。

これは、太陽光をはじめとする自然エネルギーで発電した電力を、電気事業者に一定の期間・価格で買い取ることを義務づけるとともに、再生可能エネルギーを買い取る費用を、電気を利用する消費者がそれぞれ使用量に応じて、「賦課金」(サーチャージ)という形で電気料金の一部として負担するというものです。

これに伴い従来の余剰買取制度に加え、自前の設備であっても発電した電力は一旦全て買い取られ、自家消費分の電力は別途系統電力で賄う全量買取制度が日本で初めて導入されました。

全量買取制度が平成24年7月からスタートしました
ページトップへ

2014年度内に導入で、20年間 32円(税抜)/kWhで買取

従来、余剰電力だけを買い取っていた制度に比べ、発電した電力すべてを高い固定価格で買い取る仕組みに大きく変わることによって、収益事業として産業界全体から大きな 注目を浴びることになりました。なお、本年度と言いましても、電力会社の申請許可や経済産業省への設備認定許可待ちで3?4か月かかることも予想されますので、早めのお問い合わせをお勧めいたします。

平成26年度制度概要
ページトップへ
横尾材木店では、高圧の太陽光発電、産業用太陽光発電以外にも、
屋根貸し太陽光発電、住宅用太陽光発電にも対応しています。
ご相談・お問合せに関してはどんな些細なことでも結構です。お気軽にお電話ください。
お気軽にお電話ください 0120-450-481
メールでのお問合せ
ページトップへ